ニュース

オンラインカジノのライセンスや規制

日本では未だ知名度の低いオンラインカジノですが、海外においては人気の高いメジャーな娯楽なのです。現在ネット上にあるオンラインカジノの数は実に2,000を超えると言われています。株式上場している大企業によって運営されているカジノもあれば、逆にお金を不当にだまし取ろうと考える悪質な運営業者も存在しているのも事実です。運営が怪しくないか見極めるポイントは、まず「合法的に運営されているか」です。それを証明する為の制度がライセンスの取得と定期的な監査の義務化です。合法的に運営されているオンラインカジノは全てライセンスを取得し定期的に監査を受けています。

しかしライセンス発行の審査基準(難易度)は発行している国によって異なるため、「ライセンスを取得していれば絶対安心!」というわけでもありません。何度も審査してやっと取得できるような国もあれば、その反対に使用料さえ払えば審査をほとんど行わずに取得できるライセンスも存在するからです。ライセンスの有無だけでなく、「審査が厳しく評判の高いライセンスを取得しているか」を確認しておけばより安心してオンラインカジノを始めることができます。たとえ日本語の安全そうなサイトでも、ライセンスがなければ絶対にプレイしないようにして下さい。

どの様なライセンスが必要

基本的にライセンスは各国の政府から発行されるものです。ライセンス料だけ払えば審査は簡単に済ませ、すぐライセンスを発行する国や政府もあります。なのでどこの国や政府がライセンスを発行しているのか確認する必要があります。審査が厳しく、信頼できるライセンス発行国は、イギリス(UK)、ジブラルタル(イギリス領)、マン島、マルタ共和国、オルダニー島、キュラソー島(オランダ領)、アイスランドの7カ国です。カリブ海諸国やカナダ、中南米などの国でもライセンスを発行していますが、それらのライセンスは厳しくないのでヨーロッパのライセンスは安全と言えます。

日本で展開しているオンラインカジノの多くは、マルタ共和国のライセンスを受けています。マルタ共和国のライセンスは、数多くのゲーミングライセンスの中でも、特に取得するのが難しいライセンスです。そのためマルタ共和国のライセンスを持つオンラインカジノは安心ともいわれており、定期的な抜き打ち調査を行うことで、不正がないかを常にチェックしています。また、ライセンスの有効期限は5年となっており、その間で不正が発覚した場合もライセンスは剥奪されるようになっています。安心できるオンラインカジノを選ぶのであれば、マルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノをお勧めします。

カジノのライセンスの取得を確認する方法

オンラインカジノでは、誰でも簡単にライセンスを確認することができます。例えば優良カジノとして人気急上昇中のラッキーカジノの場合ですと、ホームページ画面を一番下までスクロールすると「mga」MALTA GAMING AUTHORITYと書かれたマルタ共和国のライセンスのロゴが見つかります。そして日本語で「LuckyCasino.comはマルタの法に基づき、マルタで法人格を取得している会社Glitnor Services Limitedにより運営されています。」と明記されています。また「mga」のロゴをクリックするとライセンス証書のコピーも確認できます。

そして同じくマルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノ業界のニュースターのギャンボラも見てみましょう。同じ様にホームページ画面を一番下までスクロールすると「Gambola.comはマルタの法に基づき、マルタで法人格を取得している会社Glitnor Services Limitedにより運営されています。」と日本語で明記されているのが見つかります。その下にマルタ共和極ライセンスのロゴマーク「mga」MALTA GAMING AUTHORITYも見つかるので、そこをクリックするとライセンスの証書を確認することができます。